保育目標

心身ともに健全な子どもの育成

基本的生活習慣の体得

 


環境

「豊かな感性、豊かな知性」の基礎をつくる。
何よりも大切なことです。

 

■私たちをとりまく人や物、時間や空間などさまざまな情報も含むすべての現象、それが「環境」です。子どもたちはその中で日々いろいろな経験をし、一つずつ大きく育っていきます。そして、豊かな心や情操、意欲など、さまざまな形で成長を重ねます。

■保育園で一日の大半を過ごす子どもたち。この大切な時期こそ、子どもたちには豊かな時を重ねてほしい・・・。規則正しい生活の中で大好きな遊びの中で、お友達や保育者とのかかわりの中で一人ひとりが持つ、そのカラーを美しく輝かせてほしいと願っています。

一人ひとりの豊かな成長を願って

生活力・人間力・社会性の育成

 


保育料について

保育料は各家庭の所得に応じて市が決定し、徴収します。