モンテッソーリ教育のオリジナル化

モンテッソーリ教育のオリジナル化(ひまわりこども園式:ひまわりメソド)

  モンテッソーリ教育の出発点は医師としてのマリアモンテッソーリが孤児や障害児を育てる「子どもの家」でした。そしてその方法を日本独自の社会や家族システムの中にいる子ども達にそのまま適用するのには限界があることがわかりました。

 そこで日本の子ども達に最も適した乳幼児教育システムにするためには修正する必要があります。その修正を加えたものがひまわりこども園独自のモンテッソーリ教育システム(ひまわりメソド)です。