子どもの発達のための環境

子どもの発達のための環境の場はまず家庭環境です。・・・・

子どもの発達のための環境の場はまず家庭環境です。その次に子どもを教育する環境が

必要になります。しかしそれぞれの環境の場を選ぶことやどのように育てるかに大きく関わ

ってくるのが親の考えです。親が間違った考え方をすることによって子ども達の発達の芽

をつぶしてしまうことになるからです。

 モンテッソーリ教育は決められたルールのもとに子ども達に活動を選ぶ自由を与えま

す。そしてそのルールは人間として育ち、人間社会の中で生きていくために身につけ

ておかなければならない必要なものです。

 昔オオカミに育てられた女の子がいました。姿や形は人間なのですが、オオカミに

育てられたので行動や中身はオオカミそのものでした。すなわち子どもを人間として育てる

ためには、そのための必要な環境が必要だということです。

保育に「自由保育」というなのもとに何もかも子どもに自由にさせておくやりかたがありま

す。それは「自由」という言葉を取り違えた考え方で「放任主義」に他ならないものです。

モンテッソーリ教育は子ども達の個々の能力を、定められたルールの中で、子ども達に活

動を選ぶ権利の自由を与えて育てていく教育方法です。そこには人として育っていくた

めの大切な環境が設定されています。

 小さい子ども達はその教育の場を自分で選ぶことができませんので、親が間違った教育

の場を選ばないような知恵や知識が必要だと強く感じています。