モンテッソーリ教育とは

 イタリアで初めての女性医師で、教育者でもあるマリア・モソテッソーリ(1870~1952)が、「子どもは適切な環境と援助が与えられるのならぱ自ら成長する存在である」ということを発見したことによる子どもの自立と自律を育てる教育方法で、現在も世界各国でその教育が実践されています。

 本園ではこのモンテッソーリ教育を日本人の文化・社会・家族制度に合わせたオリジナルの方法に修正したひまわりメソドで実践しています。

日常生活の練習感覚教育算数教育言語教育文化教育

 ピンクタワー

 ボタンのとめはずし(着衣枠)

 はさみで切る

モンテッソーリ教育の五つの分野
日常生活の練習 子どもの体型や発達段階に応じた生活環境の中で子どもが自立できるようにする
感覚教育 感覚器官(五感)をみがき、諸感覚を発達させ理解力や感性の発達を促す(視覚、触覚、聴覚、臭覚、味覚)
算数教育 具体的に数の量と数字の意味を認識して、算数を体系的に学ぶ
言語教育 母国語を正確に理解しコミュニケーションする能力を養う
文化教育 前記四つの分野を基礎として植物、動物、歴史、地理、音楽、等様々な領域への発達を促す